Author: admin

2018ロシアワールドカップに縁がない最強メンバー陣容まとめ

サッカーロシアワールドカップ2018予選試合終わって、オーストラリア、ホンジュラス、ペルー、ニュージーランドの勝負が決定したうえで、2018年ワールドカップ32参加国も決定しました。多くの伝統的な強豪チームとサッカースターは予選試合の失敗のため、2018ワールドカップ決勝を欠場することとなりました。例えば、欧米のイタリア、オランダ、アフリカのコートジボワール、南米のチリなどです。 サッカーファンの皆さんに後悔を補うため、この記事では、2018年ロシアワールドカップに欠場する11人のスター選手を選び、「ワールドカップを欠場する最強陣容」を作り出しました。 GK:ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア) DF:アントニオ・バレンシア(エクアドル) 言うまでもない地位、ブッフォンは19年間イタリアのゴールエリアを警戒しており、ゴールキーパーにとって教科書のような存在です。だから、注目さ、実力、感情的にから見ると、ブッフォンは最も残念な選手の欠如です。彼はイタリア代表のため175回出場し、2006年にワールドカップでの優勝を勝ち取りました。 だが、今回はスウェーデンに敗れました。試合後、ブッフォンは、イタリア代表から引退することを発表しました。 エクアドル代表はバレンシアなどのスター選手が所持することにも関わらず、ワールドカップ予選で実力が足りない、南米での強豪チーム予選での成績は6勝2分10敗、南米で8位に。マンチェスター・ユナイテッドでバレンシアは不可欠な選手となっており、後方から走りこむスピードとドリブル、パワフルなクロスボール、右サイドを制圧できる運動量などが特徴的です。 DF:フィルジル・ファン・ダイク(オランダ) DF:レオナルド・ボヌッチ (イタリア) 数年前、ファン・ダイクがそんなに注目されていませんが、昨シーズのサウサンプトンFCで優勝の成績が取れたため、今夏の移籍市場では、彼リバプールをはじめ、多くのクラブからの関心を集めていました。個人の体力であろう、能力であろう、彼が現在のプレミアリーグで最も優れたDFの1人です。残念ながらオランダ代表は2018ロシアワールドカップ予選に落ちていました。オレンジ軍団は次々に挫折し、最終的にはグループステージの得失点差が排除されました。 30歳のボヌッチは彼のキャリアの頂点にあり、7年間にユベントスとともに、UEFAチャンピオンズリーグの優勝に2回挑戦した後、今夏、歴史的なセリエA強豪クラブACミランに加入しました。彼はクラブで多くの名誉を獲得したにもかかわらず、イタリア代表になんの勝利も獲得しない、今回もスウェーデンと対戦に敗れていることも後悔しています。 DF:ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア) DF:ダヴィド・アラバ (オーストリア) 2006年ワールドカップ優勝したイタリア代表の1人選手として、ジョルジョ・キエッリーニが長年にわたって尊敬されたDFです。ブッフォンのように、年齢のために、彼は次の国際大会でイタリア代表とともに戦う機会がなかった。スウェーデンに敗れた後、2006年ワールドカップ優勝したわずかのメンバーがイタリア代表から引退することを発表しました。 オーストリア代表は欧州の強豪チームでは見られませんが、ダヴィド・アラバ選手は世界級のDFです。今のサッカー界で、このポジションで彼を越える人がすくない。今まで、アラバは6回目のオーストリアFIFA最優秀選手賞の称号を獲得しており、バイエルンクラブでも多くの名誉を与えています。しかし、多くの小国からのスター選手と同じ、競争の激しい欧州予選区でオーストリアを代表してワールドカップに進出することができません。オーストリア代表は最終グループステージ4位に排除されました。 MF:アルトゥーロ・ビダル (チリ) MF:マルコ・ヴェラッティ (イタリア) チリ代表はおそらく今回のワールドカップ南米予選区で最も驚くべきチームです。チーム全体の実力が強く、アレクシス・サンチェス、アルトゥーロ・ビダルなどのサッカー選手もいます。2年連続コパ・アメリカの優勝を達成しました。しかし、それほど強いチームが、2018ワールドカップ予選で次々に失敗して、最終、2得失点差がベルーから5位に落とされました。2018ロシアW杯に逃していました。 アンドレア・ピルロがイタリア代表から引退した後、ヴェラッティは常にイタリア代表で最も希望なMFです。もし、彼がいないとイタリア代表は全く別のチームみたいです。スウェーデンとのプレーオフの第1戦では、ベラッティは前半にイエローカードを警告しており、イエローカードが5枚溜まっているため、第2戦でのプレーを中断しました。彼の欠場でイタリア代表のミッドフィールダーが頼る人もないの場面となり、最終的にはスウェーデンに勝ち取りました。 MF:ガレス・ベイル (ウェールズ) FW:アレクシス・サンチェス(チリ) ベイルは才能があるスーパーサッカー選手ですが、天才にもトラブルを抱えています。それは間違いなく数年にわたる彼の怪我です。去年ベイルはウェールズを代表して準決勝に導きました。今回のロシアワールドカップ予選で、怪我のために、アイルランドによる生死の戦いで敗退されました。 今年はおそらくサンチェスのキャリアで最も憂鬱な一年であり、近年非常に熱い状態で、昨シーズンにキャリアの頂点に達成することとなり、プレミアリーグで24得点と10回のアシスタント。しかし、アーセナル全体の表現がよくない、シーズン後プレミアリーグランキング5位、20年ブリに初めてUEFAチャンピオンズリーグを逃していました。同時に、チリ代表の戦いも順調ではなかった、最終的には南米のトップ5にも失っていました。 FW:ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン) 近年、オーバメヤンの状態がより良くなって、ブンデスリーガでは、彼は王者のような存在です。昨シーズンは、スーパーシューターロベルト・レヴァンドフスキを超えて、ブンデスリーガのストライカーのタイトルを獲得しました。今シーズンは、ブンデスリーガ11試合で10得点を挙げており、現在スコアラーリストで2位にランクされています。2018ロシアワールドカップ予選でガボン代表はモロッコとコートジボワールと同グループに所属していますが、6試合で一つの勝利を収めました。ワールドカップロシア2018に排除されました。 昨年の予選では欧米のイタリア、オランダ、アフリカのコートジボワール、南米のチリなどの強い国に別れを告げた。 しかし、多くのなじみの顔がFIFAワールドカップには縁がないためだからこそ、ロシアの未知感が満ちている。 ファンたちも前向きにして、ワールドカップを迎えましょう! 全国のサッカー日本代表オンラインショップ騎士サッカーにて、激安販売中!!! オンラインショップ騎士サッカー一覧はこちらhttps://www.sakkaknight.com/

By admin 2018年5月10日 0

サッカー Jリーグ ガンバ大阪

サッカー Jリーグ ガンバ大阪

クラブインフォメーション ・本人名:株式会社 ガンバ大阪 ・Jリーグ参加年:1993年 ・ホームタウン:大阪府吹田市 ・ホームスタジアム:万博記念競技場 ・スタジアム収容人数:21,000人 チームの由来 GAMBAはイタリア語で「脚」を意味します。サッカーの原点である「脚」によってシンプルで強いチームを目指すことを表しています。また、「ガンバ」という響きは日本語の「頑張る」にも通じています。 Jリーグ創設時メンバーの中で、唯一関西のチームだったガンバは、かつての名手釜本を監督に迎え、磯貝洋光、本並健治、永島昭浩といった人気選手を軸に万全の体制でリーグ開幕を迎えました。しかし長年に渡り不振が続き、レッズとともにお荷物クラブと言われる不遇の時代を過ごすこととなりました。 不振に喘いでいたその時代で、ガンバが唯一目立った成績を収めたのは、カメルーン代表のエムボマが25ゴールをマークして得点王に輝いた97年の後期2位という成績でした。しかしそれ以外は、リーグタイトルはもちろん、カップ戦においても優勝を遂げることはなかったのです。 チームに転機が訪れたのは02年の西野監督野就任で、初年度に年間3位(後期2位)というチーム最高成績を収めると、翌年こそ10位と低迷したが、04年は再び年間3位に。そして、ついに05年にはエスパルスから補強したアラウージョが33ゴールを挙げて得点王に輝いた他、大黒将志も16ゴールを記録。計49得点を叩き出したこの最強2トップを原動力に、最終節でリーグ初優勝を果たしたのでした。 06年も補強に成功志、マグノアウベスらの活躍で最後までレッズと優勝を争ったが、最後に競り負けてしまい、3位に終わっています。 ガンバ大阪ー1993 成績:サントリーシリーズ8位(18試合8勝10敗/27得点/31失点/得失点差ー4) ニコスシリーズ6位(18試合8勝10敗/24得点/34失点/得失点差-10) 監督:釜本邦茂 チーム得点王:永島昭浩(12得点) ガンバの初代ユニフォーム。サブライヤーは全チーム共通のミスノ。チームカラーの青を基調としたシャツには、稲妻をイメージした黒いジグザグラインがデザインされているが、これはマスコットのガンバボーイが手にしているエネルギーを表現したラインだという(親会社である松下電器のイメージでもある)。また、開幕10チーム中、唯一襟無しのVネックを採用している点も特徴で、その首周りの生地と袖口には同じく青で稲妻ラインがデザインされている。また、黒基調のパンツの左側と、ソックスの折り返しにも稲妻ラインが入っている。 ガンバ大阪ー1994 シーズンレコード 成績:サントリーシリーズ10位(22試合7勝15敗/37得点/46失点/得失点差-9) ニコスシリーズ10位(22試合8勝14敗/29得点/36失点/得失点差-7) 監督:釜本邦茂 チーム得点王:山ロ敏弘(16得点) この年にガンバが着用したユニフォームは、前年と同じ初代モデル。このモデルの2nd.は、基本的には1st.の色反転バージョン。ただ、白をべースとしたシャツの肩から伸びる稲妻ラインの配色は、右が青、左が黒と、左右非対称のカラーリングになっている。一方、パンツの色は青がベースとなっており、左側には黒と白の稲妻が、また白いソックスの折り返し部分には青が配色され、稲妻ラインが白になっている。注目すべきは、胸にマスコットがプリン卜されている点だ。ちなみに、グランパスも初代モデルの胸にマスコッ卜キャラクターを付けていた。 ガンバ大阪ー1995 シーズンレコード 成績:サン卜リーシリーズ11位(26試合10勝16敗/49得点/54失点/得失点差-5) ニコスシリーズ13位(26試合8勝18敗/38得点53失点/得失点差ー15) 監督:ヘル卜(ドイツ) チーム得点王:ヒルハウス(20得点) この年は、2代目ユニフォームが登場。1st.の基調を青としている点は踏襲されているが、シャツに描かれた柄は大きく変わった。これは、白い雲に稲光が走っているシーンをイメージしてデザインされた柄だという。左肩からフロン卜に走る黒と黄色の稲妻ラインが、その稲光というわけだ。そして、シャツの両脇からフロン卜にかけてもジャガードでギザギザ模様が描かれている点もポイン卜。黒基調のパンツもデザイン変更され、青と黄色の稲光ラインが右側に描かれ、腰周りには黄色で縁 取りされた青ラインが入った。なお、胸のマスコットは継続された。 ガンバ大阪ー1996 シーズンレコード 成績:年間12位(30試合11勝19敗/38得点/59失点/得失点差-21) 監督;クゼ(クロアチア) チーム得点王:ムラデノビッチ(11得点) 2代目をキャリーオーバー。初代に比べてかなり凝ったデザインが特徴の2代目モデルの2nd.も、基本的には1st.の色反転バージョンで、2nd.では雲の部分が青でデザインされ、稲光ラインは黄緑と青で描かれている。また、脇からフロン卜にかけてのジャガードも1st.と同じバターンで入っている。一方、パンツは青ベースにシャツと同じ配色の稲光ラインが右側に描かれ、腰周りのストライプには黄緑をカラーリングした。なお、胸のガンバボーイプリン卜は、このモデルが最後(すでにグランパスは94年のモデルチェンジの際にエンブレムに変えた)。 ガンバ大阪ー1997 シーズンレコード 成績:1stステージ8位(16試合8勝8敗/28得点/23失点/得失点差5) 2ndステージ2位(16試合12勝4敗/38得点/23失点/得失点差15) 監督:クゼ(クロアチア)ーコンシリア(オース卜リア、11月~) チーム得点王:エムボマ(25得点) 日本列島を驚嘆させたカメルーン代表のエムボマが加入したこの年、サプライヤーもアディダス(デサン卜)に変わって、装いも新たに3代目ユニフォームが登場した。最大の注目は、1st.のベースが青と黒のス卜ライプ模様に変わった点で、これが以降の1st.ユニフォームの原型となっている。首周りにボタン付きの丸首状の立ち襟を採用している点と、左袖だけに3本線がある点も珍しいデザインだ。また、近くで見るとシヤツに横ストライプのジャガードが入っている点に注目したい。なお、胸にエンブレムが入ったため、マスコットプリン卜は左袖に移動した。 ガンバ大阪ー1998 シーズンレコード 成績:1stステージ14位(17試合7勝10敗/27得点/29失点/得失点差ー2) 2ndステージ16位(17試合5勝12敗/20得点/32失点/得失点差-12) 監督:コンシリア(オーストリア)ーアントネッティ(フランス、5月~) チーム得点王:小島宏美(17得点) この年は3代目ユニフォームをキャリーオーバー。前年から使用されたこのモデルの2nd.は、1st.とはまったく別のモデルになっている。白x青x白という卜ータルコーディネー卜は継続されているが、シャツの袖には青、白、黒が配色され、青ラインの中には白の3本ライン、脇下付近の黒生地には、かすかに青とグレーの稲妻ラインが描かれている。立ち襟のタイプも1st.とは異なり、シャツのフロン卜部分には細いストライプ模様のジャガードが入っている点も2nd.だけの特徴だ。なお、パンツとソックスは1st.の色反転バージョンになっている。 ガンバ大阪ー1999…

By admin 2018年5月10日 0

2018ロシアワールドカップ12の会場一覧

2018ロシアワールドカップ12の会場一覧

皆さん、こんにちは! 2018年のワールドカップは、ロシアの11都市で12の会場で開催されます。 これらの会場の一部は改装され、一部はこのイベントのために特別に建設されました。 これらの会場を見てみましょう! ルジニキ・スタジアム 容量:81006人 ゲーム: 2018年6月14日  ロシア vs サウジ  グループA 2018年6月17日  ドイツ vs メキシコ  グループ F 2018年6月20日  ポルトガル vs モロッコ  グループ B 2018年6月26日   デンマーク vs フランス  グループ  C 2018年7月1日      8分の1決勝 2018年7月12日    準決勝 2018年7月15日    決勝 ルジニキ・スタジアムはロシアにとって重要な競争の場であり、その中心は大規模な国際的なイベントや文化祭を開催することができる大きなボウル型の競技場です。スタジアムの記録によれば、1980年のモスクワオリンピックのメインスタジアム、2008年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝大会、7人制ラグビーワールドカップ、世界陸上競技大会などが行われた。また、ローリング・ストーンズ、マイケル・ジャクソン、U2、レッド・ペッパーズのコンサート会場としても活躍しました。ワールドカップの前に、スタジアムはリハビリを受けました。その目的は、サッカーにうまく適応し、観客にもっと快適な体験を提供することです。 アティシウスアリーナ  (ワールドカップ期間中に  ‘スパルタクスタジアム‘   SPARTAK STADIUM) 容量:45360人 ゲーム: 2018年6月16日  アルゼンチン vs アイスランド  グループ D 2018年6月19日  ポーランド vs セネガル  グループ H 2018年6月23日  ベルギー vs チュニジア  グループ G 2018年6月27日  セルビア vs ブラジル  グループ  E…

By admin 2018年5月10日 0